トップへ戻る

歯列矯正

歯列矯正は、歯並びが美しくなるだけでなく、身体の健康にも様々なメリットがあります。

歯が不揃いだったり上下の噛み合わせが合っていないと、顔のバランスが悪くなったり、食べ物を噛んだり飲み込んだりする機能や呼吸の機能が低下することがあるのです。
大人になってからも歯列矯正は出来ますが、乳歯が生えている子供の時に矯正したほうが、より整った歯並びの恩恵を受けることができます。

歯並びが悪いことの弊害について、詳しくはアクザワ歯科医院のこども健康矯正治療をご覧ください。

チェックポイント 噛み合わせが悪い場合のリスク

  • 顔のバランスが悪くなることがある
  • よく噛んだり飲み込んだりする機能がおとろえる
  • 口呼吸になりやすく呼吸機能が低下する
  • 正しい姿勢が保てなくなる

チェックポイント 顎が小さい場合のリスク

  • 鼻の通り道が狭くなり、鼻づまりやアレルギーが出やすくなる
  • 口呼吸になりやすく呼吸機能が低下する
  • 扁桃腺が腫れやすくなる
  • 舌の動きが制限されてしまう
歯並びの種類

乳歯のときにおこなう
第1期矯正治療

乳歯が生えている時期に 上あごや下あごが狭い子供たちは、次に生えてくる永久歯が本来の位置からずれてしまい、歯並びが悪くなってしまいます。

第1期矯正では、矯正用の装置を使って あごを広げたりバランスを整えたりして、永久歯が正常な位置から生えてこられるように調整します。

 

マウスピースタイプのプレオルソ

マウスピースタイプのプレオルソを使用した矯正法は、痛みが少なくて比較的安価で治療できるのが特徴です。

軽度なケースに用いることが多く、特に、指しゃぶり、歯ぎしり、唇を吸ったり噛んだりする癖のあるお子さんに効果的です。

自分で取りはずし出来るのが利点ですが、きちんと意識して装着しないと効果が出なくなってしまうので注意が必要です。

ただいま写真を準備中です

その他の 上あご拡大装置

上あごの狭さを調整する装置は、マウスピースタイプの他にいろいろあります。

歯列の形やお口の中の状況、年齢などを考慮して数種類の中から適切なものを選んで処置します。

 

上あご拡大装置について詳しく知りたい方は、アクザワ歯科医院のこども健康矯正治療をご覧ください。

第1期矯正 上あご拡大装置
上あご拡大装置

永久歯の矯正治療(第2期矯正)

小学校高学年から中学生以降に行う第2期矯正は、おとな矯正や成人矯正と言われているように、永久歯に生え変わってからの矯正方法です。

乳歯の時に矯正していた方は、永久歯の矯正は必要ない場合があります。

永久歯の矯正はメタルブラケットを採用!

新百合山手アクザワ歯科医院では、写真のようなメタルブラケットを使用しています。

審美的にキレイな白いセラミック製のブラケットもあるのですが、壊れやすくて取れやすいうえに歯が動きにくいという欠点があるため、当院では機能を優先!

矯正後の仕上がりの満足感に焦点を絞った結果、メタルブラケットを採用する事としました。

メタルブラケットを採用しています

目立たない 透明のマウスピース

新百合山手アクザワ歯科では、透明で気づかれにくいマウスピース矯正を始めました!

手軽に矯正ができることが魅力のマウスピース矯正に透明タイプが仲間入り!矯正治療の選択肢が広がりました。

透明のマウスピースの特徴

  • 透明のマウスピースの特徴①透明で気づかれにくい
  • 透明のマウスピースの特徴②矯正後のシュミレーションが見られる
  • 透明のマウスピースの特徴③矯正治療中も虫歯治療が可能
  • 透明のマウスピースの特徴④毎日17時間以上の装着でOK!

※マウスピース矯正は、治療が難しい症例があります。詳細はスタッフにお声がけください。

透明のマウスピース


あなたの悩みは何ですか?

虫歯がある
一般治療
歯医者が
怖い
痛くない治療、笑気ガス、筋肉内鎮静法
マイクロスコープで治療したい
マイクロスコープ治療
歯ぐきから
血が出る
歯周病治療
歯並びをキレイに直したい歯列矯正
ホワイトニングがしたい
ホワイトニング
銀歯を
白くしたい
審美歯科
歯ぎしりを
何とかしたい
歯ぎしり治療
インプラントを
入れたい
インプラント
入れ歯が痛い、新しくしたい入れ歯

診療科目の一覧はこちら

アクザワ歯科ライブラリー