トップへ戻る

一般治療

歯科医の治療の大切な目的を一言で説明すると
失う歯を減らすこと!です。一般治療

本来の自分の歯は一番の宝物です。ですが何度も虫歯になって治療を繰り返していると、最後には大切な歯を失う事になりかねません。

小田急線新百合ヶ丘駅の新百合山手アクザワ歯科医院では、虫歯の早期発見、早期治療と同じくらい一度治療した歯が再治療とならないことを重要と考え、治療の精度を高めるために技術を磨き、定期検診に力を入れています。

なるべく歯を抜かず自分の歯を残す治療

虫歯治療虫歯治療

チェック! 当院では、なるべく銀歯を使用しない治療を選択します!

当院では、保険の範囲の治療でも、なるべく銀歯を使用しないようにしています。

理由は、銀歯は丈夫で長持ちしますが、歯の寿命を延ばすためには白い合成樹脂のほうが良い結果を得られるからです。

金属を使用した治療のメリット・デメリット

金属を使った銀歯は非常に硬く丈夫なことがメリットですが、硬すぎるために、歯ぎしりや食いしばりなどで横ずれの力が加わると、大きな摩擦により歯が揺れ、セメントの崩壊や溶けだしが起こります。そしてセメントが崩壊した部分の隙間から新たな虫歯(2次カリエス)が出来てしまいます。

また銀歯は、周囲のエナメル質を崩壊させることが有り、そこからも2次カリエスが発生させる可能性が高くなります。

銀歯の治療をくり返していくと、どんどん自分の歯が削られて、最後には全て銀歯で覆うようになってしまいます。

銀歯による2次カリエス
合成樹脂を使用した治療のメリット・デメリット

合成樹脂やハイブリッドセラミックスを使用した治療は、歯との密着性が高く2次カリエスになり難いことがメリットです。

噛んでいるうちに すり減ったり、無理な噛み合わせで部分的に破折することがありますが、簡単に修復ができます。銀歯に比べ、治療回数や治療時間が短くて済みます。

すり減りや変色が起こりやすいのがデメリットです。

 

現在、写真を準備中です

チェック! 虫歯の進行

C0、C1、C2、C3、C4 と順に虫歯は大きくなっていきます。

虫歯が神経まで達していなければ神経を保護
虫歯C0
C0
範囲 : エナメル質
治療: 経過観察 / 予防処置


初期の虫歯です。フッ素入りの歯みがきを用いて生活習慣を改めれば再石灰化するチャンスもあります。
虫歯C1
C1
範囲 : エナメル質
治療 : 経過観察/つめる

エナメル質の範囲内であれば痛くありません。痛くないので気づきにくいです。穴があいてしまうと再石灰化のみの治癒は期待できません。
虫歯C2
C2
範囲 : 象牙質
治療 : つめる/被せる


エナメル質のバリアーを乗り越えて象牙質に達すると、しみたり痛みを伴うこともあります。そうなると神経近くまで虫歯が進行している可能性が高いです。
虫歯が神経まで達して、根の治療が必要
虫歯C3
C3
範囲: 歯髄
治療: 根の治療


急性症状が強いと、夜寝られないくらいジンジン痛くなります。神経まで虫歯が達すると、根の治療(神経の治療)が必要になります。
虫歯C4
C4
範囲: 歯周組織
治療: 抜歯

急性症状を終えて神経が壊死してしまうと痛みはなくなります。しかし細菌は、根からどんどん奥へ浸食していきます。

根の治療根の治療(根管治療)

マイクロスコープにより、根の治療の成功率が倍以上になることも!

虫歯が進行して根の神経まで達すると、根の治療(根管治療)をします。 ですが、根の治療は、歯科治療の中でも難しいと言われている治療のひとつなのです。

歯の根の奥は肉眼では見づらく、いままでの歯科治療では、複雑に入り組んだ根の治療を 医師の勘のみで行なっていました。
治療後にまた状態が悪くなることもあり、根の治療の成功率は30%~50%ほどでした。

新百合山手アクザワ歯科医院ではマイクロスコープを導入し、暗い根っこの中を21.3倍に拡大。そして精度の高い治療により、難しい根管治療の成功率を95%と、飛躍的に上昇させました!(※ まだ生きている状態の神経を取る場合)

また、当院では、根の先の細菌感染に対する特殊な治療もおこなっており、他院で抜歯と診断された場合でも、残せる可能性が高くなります(自費治療)。

根管治療について詳しくはこちら
マイクロスコープについて

21.3倍の拡大率と強力なライトの
マイクロロスコープ治療
ラバーダムの写真を準備中です

歯を失ったときの治療歯を失ったときの治療

虫歯や歯周病で歯を失ってしまった時には、インプラント、ブリッジ、入れ歯などの処置が考えられます。

 

インプラント

インプラントとは、失った歯の顎の骨にチタンの人口歯根を埋め込み、その土台にセラミックなどで作った人工歯を取り付ける治療法です。

チタンの人口歯根を直接骨に埋め込むため天然歯とほぼ同じ力で噛むことができ、あなたの歯がもともと備えていた噛む機能と美しさを蘇らせたような仕上がりになります。

インプラントは保険外治療となります。

インプラント治療についての詳細はこちら

現在、写真を準備中です

ブリッジ

失ってしまった歯の両隣の歯から橋をかけるようにしてカバーするブリッジ。
保険でつくるほか、ジルコニアセラミックなどの審美性の高いブリッジも作ることができます。

両脇の歯も削る必要があるため、2次カリエスに気を付けなければなりません。

ブリッジについての詳細はこちら

現在、写真を準備中です

入れ歯

せっかく入れ歯を作ったのに、合わなくて悩んでいる方が沢山いらっしゃいます。 あなたの入れ歯はいかがですか?

入れ歯のお悩みトップ3

  • 噛むと痛い
  • 装着に違和感があったり、落ちたりしやすい
  • 入れ歯と分かる見た目がイヤ

入れ歯にも、保険の範囲内の治療と保険外治療のものがありますので、ご自分に合った「よく噛める入れ歯」、「痛くない入れ歯」、「外れない入れ歯」、「美しい入れ歯」をご希望の方は、自費治療の入れ歯をオススメします。
当院では、高い精度で入れ歯をお作りしています。

(当院の自費の入れ歯を作製しているのは、世界でも活躍している相模原市 近藤義歯研究所の所長、近藤太先生です)

入れ歯についての詳細はこちら

現在、写真を準備中です

歯周病歯周病

歯周病は、成人が歯を失う原因の№1であることはご存知ですか?

歯周病とは細菌感染症であり、、歯を失うだけでなく、動脈硬化や心臓病、脳梗塞などの大きな病気の原因となる可能性もある恐ろしい病気です。初期の場合は歯みがきや歯石を取り除くことで治りますが、重度になると抜歯しなくてはいけない事もあります。

歯周病の詳細はこちら

 

早期発見&早期治療

定期検診

治療後は定期検診に切り替えます。
定期的に通っていただき、治療後の歯のチェック、歯のクリーニング、歯みがきチェックなどのメンテナンスをおこないます。

詳しくは予防歯科のページをご覧ください。

定期検診で健康な歯をキープ


あなたの悩みは何ですか?

虫歯がある
一般治療
歯医者が
怖い
痛くない治療、笑気ガス、筋肉内鎮静法
マイクロスコープで治療したい
マイクロスコープ治療
歯ぐきから
血が出る
歯周病治療
歯並びをキレイに直したい歯列矯正
ホワイトニングがしたい
ホワイトニング
銀歯を
白くしたい
審美歯科
歯ぎしりを
何とかしたい
歯ぎしり治療
インプラントを
入れたい
インプラント
入れ歯が痛い、新しくしたい入れ歯

診療科目の一覧はこちら

アクザワ歯科ライブラリー