サイトマップ
ベストな治療方法を患者さまと共に考えていきたい…いつも自分の歯のつもりで患者さまの歯を治療しています
治療内容 > マウスピース

マウスピース
 −歯を守るスポーツマウスピースとナイトガード−

スポーツマウスピース

マウスピースと聞いて、まず思い浮かぶのはボクシングのマウスピースではないでしょうか。みなさん、自分には必要のない物と思ってはいませんか?

マウスピースの主な目的として、格闘技、ラグビーなどの接触が多いスポーツの最中の歯折や、顎の骨折、脳震盪の予防があげられますが、その他の一般のスポーツにおいても口の中を怪我をする割合は、全体の30%と言われています。

また、正しいマウスピースを使用すると、体のバランスがよくなり、敏捷性、平行能力が改善する・噛みしめやすさの向上により、筋力が増強するなどの研究報告もあるのです。
そこで、スポーツマウスピースの必要性についてふれてみたいと思います。

 

スポーツマウスピースの役割

顎や顔面領域の怪我を予防する

口のあたりに軽くボールが当たっただけでも、歯の神経が死んでしまうことがあります。特別危険なスポーツでなくても、歯を破損してしまうのは良くあることなのです。
マウスピースが義務化されているスポーツは、 ボクシング、アメフト、ラクロスなどがありますが、その他、下記のスポーツでも活用が望まれます。

ラグビー、サッカー、アイスホッケー、空手、バスケットボール、アクロバット、野球、楽団、サイクリング、円盤投げ、馬術、ホッケー、フットボール、体操、ハンドボール、アイスホッケー、柔道、空手、モトクロス、マーシャルアーツ、パラシューティング、ラグビー、ラケットボール、スキー、サッカー、スカッシュ、サーフィン、スケートボード、砲丸投げ、スカイダイビング、トランポリン、テニス、バレーボール、レスリングなど

脳震盪を予防する

顎へのダメージは脳を直撃します。マウスピースを装着することによって顎関節を保護し、脳への衝撃を軽減し、脳震盪の発生を低下させることが出来ます。
脳震盪は、一度起こすと繰り返しやすくなり、記憶力や計算力の低下を起こす場合があります。

噛み合せの向上

歯の噛み合わせが悪いと、顎関節にひずみが起き、肩こりやめまい、体のゆがみなどの症状が出ることがあります。
歯科医が作るオーダーメイドのマウスピースは、ミクロン単位の適合性があるので、噛み合せの向上に役立ちます。

 

マウスピースとスポーツパフォーマンス

噛み合わせが悪いと、体にゆがみが生じ、スポーツで大切な頭や腰の位置が狂ってしまうため、全身のバランスが取りづらくなってしまいます。

特にゴルフ・スキー・射撃や野球の打撃などのように頭部が体幹(背骨)と固定されるようなスポーツにおいては、頭と顎の骨は噛むことによって固定されるため、正しい位置で噛めるということが重要になってきます。

一流のスポーツ選手が大きなパワーを出せるのも、噛みしめる 力がとても大きいためです。噛みしめた時にきれいな歯並びで、上下の 歯のふれ合う面積が広い人ほど、筋力・持久力などに優れた運動能力を 発揮しているのです。

そこで、マウスピースを使うことにより、噛み合わせが改善され、体のバランスが整い、姿勢が正しくなり、無駄な筋肉の緊張が解ける結果、筋力や瞬発力のアップなどのスポーツ,パフォーマンスの向上が期待されるのです。

また、 首の筋肉の緊張が解けると脳への血流が増えて,思考能力の向上や集中力を発揮すると言う事も解明されて来ました。

※これは歯科医で作るカスタムメイドのマウスピースに関しての報告です。

 

カスタムメイドマウスピースについて

当院で、お作りするカスタムメイドのマウスピースは、軟性のプラスティックを圧接成形してピッタカスタムメイドマウスピースリと歯形に合うように作るため、柔らかく、歯や口にも違和感なくフィットします。もちろん噛み合わせにも配慮されています。すぐに外れてしまうような事もありません。薄いので、ちゃんとしゃべることも出来ます。

マウスピースはスポーツ用品店でも売っていますが、これは、成形してあるものを歯でくわえるというもので、口を開くだけで落ちてしまいます。噛み合せについても全く配慮がされていないため、顎関節を痛めるなど、かえって危険なことがあります。

 

カスタムメイドマウスピースの色見本

ミックスカラータイプ 21,000円〜



赤/白


赤/黄


橙/白


緑/白


緑/黄


緑/青


青/白


青/赤


青/橙
10

青/黄
11

紫/黄
12

マロン/黄
13

黒/白
14

黒/赤
15

黒/黄
16

白/紫
17

赤/白/赤
18

橙/黒/橙
19

黄/白/黄
20

黄/赤/黄
21

緑/白/緑
22

青/白/青
   
23

青/黄/青
24

赤/白/緑
25

赤/白/青
26

赤/白/黒
27

白/緑/黒
     


1色カラータイプ 15,750円〜

28
29
30
31
32
33
蛍光緑
34
蛍光橙
35
蛍光青
37
蛍光黄

 

マウスピースは、どれぐらいもつのでしょうか?

マウスピースは、一度作れば一生使えるというようなものではありません。それどころか、種目や個人の咬み癖などによっては、1シーズンももたない場合さえあります。
ラグビーやサッカーは普通1シーズンはもちますが、空手やボクシングといった格闘技では、マウスピースの寿命は短いようです。 逆に、ゴルフや野球では、2年という長寿の例もあります。
ただ慎重に考えれば、やはり1年程度の間隔で再調整なり、作り直すなどしなくてはならないようです。

ナイトガード

夜、寝ている時のくいしばり、歯軋りによって、歯は大きなダメージを受けています。
ギシギシと独特な音を出して周囲に迷惑がられる歯軋り。その力は大変なものです。ひとつひとつの歯に自分の体重以上の負荷がかかっています。長い年月をかけてその負荷が、歯、そして口腔内機能に障害をもたらします。

自分は 歯軋りではないと思っている人も安心は出来ません。人類の全ての人が何らかのくいしばりをしています。個人差はありますが、歯軋りのように音が出ないだけで、同じくらいの力が掛かっていることもしばしば。
特に疲れが溜まっていたり、ストレスが溜まっていると、脳内にストレスによる負荷が掛かっています。そして、くいしばりをすることによって、そのストレスを発散してるのです。
脳の為には、歯軋り、くいしばりは必要なのですが、歯のためには良いことではありません。

歯軋り・くいしばりによる症状

歯の違和感・知覚過敏症・歯の磨り減り・冠や差し歯の破損、離脱・歯と歯肉の境目にできるクサビ状の欠損・顎周囲筋の疲労・etc

では、どうすれば良いかと言うと、寝ている時の歯に掛かる負担を軽くしてあげれば良いのです。
その方法は、ただ1つ。寝ている時にマウスピースをはめておけば大丈夫。これは、歯の上だけにはめるプラスチック製のマウスピースです。
歯科医院で型を採り、その人に合った噛み合わせで、ぴったりした物を作ります。

保険内で出来るので、5,000円くらいでカスタムメイドマウスピースが作れます。あとは、寝る時にそれを装着しておけば一安心!

マウスピースの中に、虫歯予防のジェルを入れることにより、マウスピースの安定も得られ、口腔内の歯周病や虫歯の予防、そして歯の強化が出来、いつまでも健康な状態を保つことが出来ます。
ぜひ、マウスピースを習慣的にご使用してください。

無料 アクセス解析タイ・バンコク情報