サイトマップ
ベストな治療方法を患者さまと共に考えていきたい…いつも自分の歯のつもりで患者さまの歯を治療しています
治療内容 > ラミネートベニア

ラミネートベニア
 −幅広い治療に対応できる治療法−

ラミネートベニアとは、歯の表面に薄いセラミックの板を貼付する治療法です。エナメル質の部分を薄く削るだけなので痛みもなく、通院も2回程度で治療することができます。

 

ラミネートベニア治療前ラミネートベニア治療後

 

ラミネートベニアの治療は、初回に歯の表面を 0.5〜0.7mm程削り、次の治療で型を取ったセラミックを貼り付けます。通常は2回の通院で治療が終わります。

遺伝的にホワイトニングだけでは白い歯にならない場合や歯の形態を直したい時等に、この方法を用います。

また、歯を白くするだけでなく、ムシ歯やねじれた歯、磨耗した歯、奇形歯などにも幅広く適応でき、セラミック片の形や大きさを調整することで、歯並びや歯の形を修正するなど幅広い治療に対応します。

ただし、歯並びや歯のねじれ等の大きな修復はできません。

材質はポーセレン(セラミック)ですから、歯ぐきにもやさしく磨耗や変色の心配もありません。
通常の使用では、欠けたりはがれたりすることもありません。

 

ラミネートベニアの特徴

  • 歯の表層を0.5〜0.7mm程度削るだけで修復が出来ます。
  • 2回の通院で治療することができます。
  • 変色した歯、すき間のある前歯、虫歯、軽くねじれている歯、
    欠けたり折れたりしている歯、磨耗している歯、斑状歯(はんじようし)、
    奇形歯、矮小歯(わいしょうし)など、幅広い治療が出来ます。
  • 歯ならびや歯のねじれの大きな修復は出来ません。

 

 

無料 アクセス解析タイ・バンコク情報