サイトマップ
ベストな治療方法を患者さまと共に考えていきたい…いつも自分の歯のつもりで患者さまの歯を治療しています
治療内容 > インプラント

インプラント
 −第2の永久歯−

インプラント治療とは、歯を失ってしまった部位の顎の骨に、人工のピンを植立し歯を回復させる治療法です。 治療費が高いのが欠点ですが、見た目や噛む力が限りなく自然歯に近い等、多くの利点があります。


 

これまでの治療法ですと、歯を失った場合、取り外し式の入れ歯か固定式のブリッジしか選択肢がありませんでした。これらの治療は、失った歯の部分にかかる力を他の歯に分担するため、残っている歯の負担が大きくなり寿命を縮めてしまうという欠点があります。

それらの欠点を解決したのがインプラントです。

ブリッジや取り外し式の入れ歯の場合

従来の治療ブリッジの場合は、周りの歯を削って橋のように人工の歯をかぶせます。橋の両端の柱となる歯に負担がかかるので、歯の寿命を縮めてしまう可能性があります。また、食べカスが溜まりやすいのも欠点です。

取り外し式の入れ歯の場合、どんなにしっかり作られていても、噛む力が70〜80%ぐらい落ちてしまいます。やはり食べカスが溜まりやすく、毎食後外して水洗いしなければバイキンが繁殖し、口臭のもとになる可能性があります。

インプラントの場合

インプラントの場合チタンでできた人工歯根を植え込み歯の土台を作るので、他の健康な歯への負担がありません。

見た目も美しく、 噛む力も強いので歯を失う前と変わらずに食事や生活をする事ができます。これがインプラントが「第2の永久歯」と言われる所以です。

ただ、人工歯根が安定するまで日数が掛かったりと治療期間が長くなります。その間は仮歯をお作り致します。

インプラントの利点を述べましたが、入れ歯やブリッジが悪い物だとは思っていません。
あくまでもインプラントもブリッジも入れ歯も治療の選択肢の1つであり、それぞれの患者さんに最も適した治療法を選択することは言うまでもありません。


インプラントの特徴

  • 他の歯に負担をかけません。
  • 噛む力が自然歯と変わらず、しっかり噛むことができます。
  • 「自分の歯」と思えるほど、自然に食事や生活ができます。
  • 10年後の残存率は90%以上です。

 

無料 アクセス解析タイ・バンコク情報