サイトマップ
ベストな治療方法を患者さまと共に考えていきたい…いつも自分の歯のつもりで患者さまの歯を治療しています
治療内容 > オールセラミック

オールセラミック
 −審美治療は、オールセラミックを抜きでは語れません−

オールセラミックとは、内側に金属を使用せず、セラミックのみで欠けた歯や削った歯を修復する歯冠修復法です。
見た目、透明感、本人の歯との接着性等、どれをとっても最高のものに仕上がります。 審美歯科において、この治療方法を抜いては語れないと言ってもいいでしょう。
近年、強度に優れたジルコニア セラミックが開発され、オールセラミックでのブリッジも可能になりました。

 


 

オールセラミックは、すべてセラミックで出来ているため光透過性に優れ、色も透明感も天然の歯と同じで、大変美しく仕上がります。
金属アレルギーの方にも安心してご使用いただけます。

主成分が天然歯と同じだから味覚を損ないません。 舌ざわりも熱の伝わり方もほとんど同じです。

また、 高い精度で修復する事ができ、境目も気になりません。ですから、治した歯を意識せず、健康な歯と同じ感覚で食事を美味しく楽しめます。

オールセラミックは、非常に美しく耐久性に優れ硬度も高いため前歯の治療に最適な素材です。 (口の奥では光が届きにくいので、折角こだわった色や透明感が、あまり目立ちません)。

奥歯の治療は噛むことを重視して考えますが、オールセラミックは非常に硬いため噛みあわせの歯の負担になることがあります。よって奥歯に使用される事はほとんどありません。

ジルコニア セラミックで可能になったブリッジ

いままで、オールセラミックでブリッジを作ることは出来ませんでした。
ところがジルコニア セラミックスの出現でブリッジを作ることが可能になったのです。

ジルコニア セラミックスとは、2005年に厚生労働省の認可を取った歯科治療素材で、非常に強度が高く、スペースシャトルの耐熱タイルや、人工関節の材料として使用されている素材です。

オールセラミックのブリッジ
そのジルコニア セラミックスでフレームを作り、その上にさらにセラミックを焼き付けてブリッジを作ります。
金属アレルギーの心配のいらない、美しく画期的な治療法です。

 

オールセラミックの特徴

利点
  • 透明感があり、驚くほど自然な仕上がりになります。
  • 金属アレルギーの心配がありません。
  • 耐久性に優れ、欠けたりすり減ることがほとんどありません。
  • 主成分が天然歯と同じ為、味覚・舌触り・熱の伝わり方など、
    すべてにおいて違和感がありません。
  • 合成樹脂のように吸水性が無いため、変色しません。
  • 硬度が高いため、主に前歯の治療に使用します。
  • ブリッジに使用することも出来るようになりました。
欠点
  • 奥歯の治療で、噛み合わせの高さが取れない場合は、 セラミックの
    厚さが薄くなり割れやすくなってしまう。
  • 治療費が高い。
  • 万能と思われるオールセラミックでも、とても複雑な歯の色には
    対応できない場合があります。
無料 アクセス解析タイ・バンコク情報