医療法人社団友信会
新百合山手アクザワ歯科医院

tel 044-965-4182
ベストな治療方法を患者さまと共に考えていきたい…いつも自分の歯のつもりで患者さまの歯を治療しています

金属アレルギー検査

当院では患者さまに安心して治療いただけるように、金属の歯冠を入れる前に金属アレルギーの検査をお勧めしています。

なぜ金属アレルギー検査が必要なのでしょうか?

金属アレルギーとは、金属に対して体が拒絶反応を示すアレルギーのことです。その原因になるのはピアスやネックレス、腕時計など、身につけるものだけではありません。

実は 歯科治療で使用する歯冠に使われている金属も金属アレルギーの原因になることがあるのです。

金属の歯冠による金属アレルギーは、歯の詰め物などに使われている金属が唾液によって溶け出し、少しずつ体内に蓄積されることで炎症を引き起こします。口腔内の症状としては、口内炎や舌炎など、粘膜への病変です。

金属の歯冠による金属アレルギーの怖いところは 「体の内側から発症する事」であり、アレルギーの原因に気が付きにくいという所です。

また歯冠の場合、指輪やネックレスはすぐ外すことができません。
なので当院では金属の歯冠を入れる前に金属アレルギー検査をする事をお勧めしています。

金属アレルギー こんな人は要注意!

□ ピアスやネックレス、時計、ベルトのバックルなどで赤くなる方
□ 全身に原因不明の湿疹がある方
□ 肌荒れしやすい方
□ 皮膚科に通っても治らない皮膚症状がある方
□ アトピー症状がある方
□ 腸の不調がある方
□ 原因不明の全身疾患のある方

金属アレルギー検査の方法

金属アレルギー検査の方法は次の2種類あります。

  • 身体に直接金属を貼って陰性か陽性か反応を見るパッチテスト
  • 採血をして解析をおこなう血液検査

パッチテストは手軽に検査できるのがメリットなのですが、下記のようなリスクや不便な点があるため、当院では血液検査を採用しています。

 

パッチテストのリスク

  • 身体に金属を貼るため新たな感作を引き起こして症状が悪化してしまうことがある
  • パッチテストをしている間は入浴や運動ができない(3日間)
  • 正しい結果が得られにくい



<血液検査の検査項目>
血液検査で調べるのは次の4つの金属です。
・パラジウム
・ニッケル
・スズ
・キン

金属アレルギー検査のメリット

アレルギー検査をすることで、安心して治療を受けることができます。

また、金属アレルギー検査で陽性反応により金属アレルギーが見つかった場合、プラスチック素材の白い歯冠を保険で入れることができるので、審美的にも満足な治療をしていただけます。

 

>>詳しくはスタッフにお問い合わせください。

 

無料 アクセス解析タイ・バンコク情報